リース契約と似ている残価を設定するローン

最近の人気のある自動車購入のローンに毎月の支払額を抑えるローン形式に残価設定ローンがあります。自動車を購入する際にあらかじめ3年から5年後の下取り価格を決めてその下取り価格を新車購入価格から差し引いた残額をローンとして返済するという形であります。

残価を設定するなどはリース契約と似ているようですが、リース契約では毎月支払額に経費などを組み込むのに対して、残価設定ローンの毎月支払い額は購入する自動車だけの支払いになります。

人気の出てきている理由としては、決められた下取り価格の分は支払いが少なくなりますので、月々のローンの額が少なくなることがあります。そしてその分グレードの高い自動車を購入することも可能となります。当然、頭金もすくなくてすむ可能性もあるのです。後、ローンの完済時に決められた下取り価格で手放すかそのまま残額を支払って買い取るかの選択ができるのいうもの利点でしょう。

デメリットとしてはおもなものに、もしあらかじめ設定されていた下取り価格よりも査定額が下がってしまう可能性があるということでしょう。事故歴や修理歴や大きな傷や設定されていた走行距離以上を走行するなどによるものです。

メリットとデメリットをよく考えてメリットが勝るなら活用すべきでしょう。

ローンの種類
HOME
私の教育ローンに関するエピソード。
お得な消費者金融利用法
サラ金からお金を借りること
融資は早いけど審査は厳しい!
膨らみすぎた消費者金融の債務
女性も安心して借りられる消費者金融
マイカーローンの入門情報
車のローンで50万借りました
車の購入にオートローン
マイカーローンにまつわる苦い思い出
自動車の残価設定ローン